スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフカード~人柱編~ 第2章

かいたよ。
注意はたぶん前と一緒。
え?怖くないって?
いつか出てくるから注意って言ってるの。
ちょっと前からラットが変な幻覚を見た性で・・・ごにょごにょ
「零」を見たからかな?

ライフカード~人柱編~

第2章

―あの図書室の事件の後、夜に同じ夢ばかり見る。

大きな古い学校だろうか。
明らかに廃墟になった学校に見える建物の前にぽつんと髪の長い少女が立っている。
白い着物を着た髪の長い少女が遠くからこちらを見ている。
すると不気味な音楽がどこかからか、聞こえてくる。聞き覚えのある音楽。
―不気味でとても悲しいような気持ちになる。
少女が何かを訴えるように指を指す。その方向には満月の赤い月。
そして、足元に赤いものが流れてきて・・・・血?なのだろうか・・・・。
と、いうより、私は・・・いったい・・・・私は・・・・・・・。



「あ~み~。ちょっと聞いてる?」
5年2組の教室。天気は晴れ。
いつもと変わらない。阿見の周りはいつもにぎやかだった。
阿見は空を窓から見上げていた。
「さっきから、何考えてるの?あみッたら、阿見!!」
はっと目が覚めたかのように阿見は振り返った。
「さっきから、大丈夫なの?」
友達の”加藤 左記(カトウ サキ)”。髪の毛を二つに縛っている。
くもの絵が描かれた水色のTシャツと桃色のスカート。
長い白の靴下。以外に似合ってる。音楽が得意なかわいい女の子。
人に優しいが自分にはとても厳しい。
ほとんどの人たちからは”さっちゃん”て呼ばれている。
「この前からだけど、阿見、ずっと窓から空を見上げてるけど、」
「晴れの日だけね。」
前の図書室の話は誰にも話していない。
口の堅い左記でもさすがに前のことは言いたくない。
そのことを話した人がなんとなく何かに呪われそうだったから、
何もしゃべらないようにしている。
別に呪われないと思うが怖いのだ。
「おーーーい、もうすぐ授業始まるぞ~。席に着けよ~。」
いつもクラスを見回っている先生が教室に響く声で言った。
するとそこら辺に散らばっていた生徒たちも自分の席に着いた。
阿見も左記も席に着く。
これもいつもと変わらない。
さっきとはざわめきが少し減る。
3時間目の始まりを告げるチャイムが鳴る。
先生はまだ来ない。遅れてくるそうだ。

阿見は先生が来るまであの本とカードのことを考えていた。
図書室のすべての本にはバーコードが付いているが
あのときに持っていった古い本にはバーコードが付いてなかった。
それにあのガードは・・・・・・・・何か変だ。
何が変なのか分からないけど、。

教室が休み時間と同じぐらいの大きさのざわめきが周りから聞こえる。
と、いうよりも・・・・・・・。
「なんで、30分も立ったのに先生は来ないんだ?」
どこかからか聞こえてきた声。
確かにおかしい。先生は少し遅れるぐらいは何度もあるが
授業の時間に30分の遅れてくることは絶対にありえなかった。
「3時間目の教科係は?」
「さっき、2人とも先生を呼びに言ったけど・・・」
「もしかして、学校内で迷子?」
「まっさか~~、そんなことありえな~い。」
「誘拐事件!?」
「ねーよ。先生が誘拐されてどうする。」
周りから聞こえる声は次第に大きくなる。
阿見は席から立ち上がる。
チャイムが鳴ってからもう1時間がたとうとしている。
「私、見てくる。」
阿見は廊下に飛び出した。
「ちょっと阿見!」
後ろから阿見の後を左記が付いて行く。
この空気は・・・・・前と同じ不気味な空気。
阿見は階段を下りていく。さっきまで聞こえていたザワザワした声は
1瞬にして消え去った気がした。
どの階の教室からも話し声は聞こえない。
というよりも・・・・・・・誰もいない。
阿見と左記は自分たちが暗闇に消えていくような気がした。
まるで別世界に飛んだかのように感じた。
この学校にいるのは阿見と左記の2人だけと思えるほど校舎は静かだった。
1時間が立っているのだ。また、休み時間があって
廊下がザワザワと生徒たちの声で二義あって
・・・・いつもと同じ・・・・・・・いつもと同じ・・・・・・・・・・・
そんな時間が過ぎてまたチャイムなって・・・・・・・・・。
不安ばかりがふってくる。怖い。
いつもと同じような時間が遅れなくなる気がする。
平和でのんびりとした、そんな教室のみんなが、
・・・・・・消え去ってしまうのだろうか・・・・・・・・。


 

 あとがき
やっと第2章を書きましたよ。
我慢してみてくださったかた、ありがとうございました。

後、呼んでくれた誰かにお願いがあって
この小説に出てくるキャラの
”小香阿見”か”加藤左記”を
イメージで絵を誰かに描いてほしい(おまっ
描いてくれたら?その中から採用するよ。
まぁ、いなかったら自分で描くか待っている。
もしも、描いてくれたら教えてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

リラッキュマ

Author:リラッキュマ
主に 星のカービィ/スタフォ/ガンダム/ボトムズ/王ドロボウJING/オリジナル/スマブラ…こんなところを中心に。
ああ。ここ最近、クトゥルフ神話にに興味があってSUN値ガリガリですね。
なかよくしてくだせお。

pixiv http://pixiv.me/starfoxkahori
Twitter @kumaratto

いつかコミケのサークルに参加できたらいいね。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。