スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフカード~人柱編~ 弟7章

なんか、今日はどっかの地区で秋祭りがあるらしいです。
ラットのほうは17,18日に
ラットの家に近い神社で秋祭りがあるそうです。
と、いうことで久しぶりに書く小説です。
見ないで下さいね^^;



ライフカード~人柱編~



第7章

「遅かったじゃん、あみ、」
阿見は知美の家のチャイムを鳴らすとひょっこりと左記が玄関に顔を出してきた。
天然な左記の声を聞くと阿見はほっとする。
「ほら、はいって!」
阿見は先に引っ張られて知美の家に入っていた。
「あ、阿見!・・・・どうしたの?顔真っ青だよ、何かあったの?」
知美が奥の部屋から出てくると阿見に近寄ってきた。
阿見は首を横に振り、何もなかったかのような顔をする。

―知美の部屋。
花柄のベットに勉強机、いるかの絵が描いてある時計が掛けてある。
ノートが真ん中にある小さい机に沢山置いてあった。
「今度の総合のさ調べ物があって、資料を探してメモしてるうちにこんないっぱいになっちゃった。」
知美が小さい机のノートなどを片付けながらぽつんといった。
すると阿見の隣に居た左記が反応する。
「この量、すげーのさ。でもトモちゃんは総合で何について調べてるの?」
「ん?あぁこれね。学校についての歴史。以外に面白いんだよ。何かこの学校、伝説とかあるみたいだからね。」
・・・学校の歴史?阿見は敏感に反応した。
知美は歴史や文化を調べることが好きでよく資料を集めているらしい。
”物知り屋さん”と皆からよく言われる。
とくに日本昔話に出てきそうな話や”伝説””儀式”みたいなものを調べるのが好きらしい。
「ねぇ、伝説ってどんな話?」
左記が興味心身に聞く。
「その話、知りたい?」
「知りたーイ!」
「じゃぁ、そこに座って」
「ほーい!ほら阿見も!」
無理やり、座らされて阿見はちょっと不機嫌になった。
左記はうきうきしながら座る。左記も物好きな奴だ。

まっすぐ知美を見つめた阿見。
今から知美が言うことは何かこの本の手がかりになるかもしれない。
少しは不安が消えるかもしれない。
何か見つけないといけない。この本の秘密とカードの意味が・・・・。
そしてあの夢・・・・・・。






 あとがき
今日も時間がないのでいろいろと短い。
今からピアノに行って来るシャキ!
では、また後で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リラッキュマ

Author:リラッキュマ
主に 星のカービィ/スタフォ/ガンダム/ボトムズ/王ドロボウJING/オリジナル/スマブラ…こんなところを中心に。
ああ。ここ最近、クトゥルフ神話にに興味があってSUN値ガリガリですね。
なかよくしてくだせお。

pixiv http://pixiv.me/starfoxkahori
Twitter @kumaratto

いつかコミケのサークルに参加できたらいいね。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。