スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射影機(零)+(東方)のなんちゃら

ちょっと、考えてみたけど
幻想卿に射影機があったらどうなるんだ?

幻想卿って幽霊とか妖怪とかいるけど、
どうなるんだろ?なー。

ちょっと、適当に射影機が幻想卿におっこってきた話を
かなりの短さで書いてみたよ。
ん?ゲーム”零”分からんって?
そういうときは”まったり実況”でもおなじみの
囲炉裏の動画を見るのだーーーーー!!!!!


ここは幻想卿(あれっ、いきなり話始まった。

今日はとんでもない1日になることを
まだ知らない霊夢たちであった(いつものことじゃね?

博霊神社。
魔理沙「お~い。いるか?霊夢~。」
霊夢「・・・・・なんだ。魔理沙じゃないの。脅かさないでよ。」
紫「あら、いいところにいらっしゃったのね。」
それは満月の夜。

魔理沙「・・・・脅かしてなんかねぇだろ?って、なんで紫がいるんだよ。」
紫「それはこっちのセリフよ。なんであなたがここに来たのかしら?」
魔理沙「いや・・・それはさ、これ見せようかと思って・・・・」
霊夢「な、なによこれ。だだの古びたカメラじゃない。しかも、おおきいし・・・」
その夜、魔理沙は森に出かけていたらしい。
そしたら、この箱みたいな大きなカメラを見つけたらしい、が・・・・

霊夢「で?これが何って言うの?」
魔理沙「いや・・・・形的におもしろいかな~って・・・・」
霊夢「馬鹿ね。どこもおもしろくないわよ!」

紫「・・・・射影機・・・・・。」
魔理沙・霊夢「え?」
紫「外の世界でちょっとだけ噂を聞いたことあるわ。
  ”ありえないものを写す”とか・・・・たとえば、幽霊とか・・・・・」
霊夢「妖怪とかっていうんでしょ?私たちにはもう見えてるじゃない!ありえないもが!!」
魔理沙「・・・・・だよなぁ。妖精とか天狗とかもそうだし・・・・」
紫「・・・・・そうね。でも、それさえあれば、怖い霊だって封印できるカメラ。」
霊夢「興味ないわ。」
魔理沙「え~、俺は興味あるぜ~。」

すると紫はその場から立ち上がり、”スキマ”を作った。

霊夢「ちょっと!どこ行くのよ」
紫「実験してみましょうか?そのカメラが本当のものか。」
霊夢「はぁ~?」
紫「幻想卿の中で幽霊が出るっていう、噂のところにいって写真を撮って霊を封印してくる。
  おもしろそうな肝試しになるんじゃないの?」
魔理沙「おお!!おもしろそうじゃねぇか!」
霊夢「・・・・・・・・・・・。」

結局、スキマを通っていくことに・・・・。

カシャッ!

魔理沙「うっしょー、こりゃ。おもしれぇ。霊たちが次々に消えてまた増えていくぜ!」
霊夢「どこが面白いのよ。で、なんで増えるの!」
紫「・・・・・ふふ・・・・それは謎ね・・・・。」
霊夢「紫!あんたの仕業じゃ、ないでしょうね?」
紫「私は知らないわよ。ふふっ」
霊夢「(何笑ってるんだか・・・。)
    ちょっと魔理沙!切りがないから、そろそろ神社に帰るわよ。」
魔理沙「えぇ~。あと、1枚だけ~。」
霊夢「はいはい。それ撮ったらね。」

カシャッ

紫「さ、神社に戻って写真観賞でもしますかね。」
霊夢「そうね。(何でそんなことしなくちゃ)」

博霊神社。
「!!??」

それは魔理沙が最後に撮った、1枚の写真。

魔理沙「こ、これって。」
紫「本当にいたのね・・・・・幽霊が・・」
霊夢「でも、幻想卿の人でしょ?」

でも、映っていたのは幻想卿では見たことのない人・・・・・の影。

紫「これは外の人じゃない?」
霊夢「・・・・・・。」
魔理沙「聞いたことあるぜ。この幻想卿に迷い込んだある一人の男性が
     さっき行った場所の近くで足を滑らせて石にぶつかって亡くなったってさ・・・。」

霊夢は黙ったまま夜空を見上げた。
満月の月明かりが霊夢たちを照らしている。


・・・・・霊夢は紫に言われ
次の日に神社でお払いをしたのであった。
魔理沙が撮った写真には燃やした。

その煙は天高く上り、霊たちを安らぎへ送っていったとさ。







 あとがき
ほんと、どうまとめようかと思った。
つかれたわ^^;




 おまけ
霊夢「紫~。」
紫「何かしら?」

カシャッ

紫「何の真似かしら?」
霊夢「紫は妖怪=霊かと思って射影機に撮ったら封印されるかな~っと思ってね。」
紫「・・・・・・あらそう(怒)そんな、私を簡単に封印できると思ったら大間違いよ!」



長いお付き合い、すいません。
見てくれた方、ありがとうございます・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リラッキュマ

Author:リラッキュマ
主に 星のカービィ/スタフォ/ガンダム/ボトムズ/王ドロボウJING/オリジナル/スマブラ…こんなところを中心に。
ああ。ここ最近、クトゥルフ神話にに興味があってSUN値ガリガリですね。
なかよくしてくだせお。

pixiv http://pixiv.me/starfoxkahori
Twitter @kumaratto

いつかコミケのサークルに参加できたらいいね。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。